これから転職を検討しているみなさまにとって大切なのは何よりも情報ではないかと思います。
細かく言えば情報の種類や質は多岐に渡るものとなりますが、その全てを一言で表そうと思えば”情報”という言葉がもっともしっくり来るのでは内科でしょうか。
さて、では医師が転職をするのにどのような情報を集めればいいのでしょう。

ケース0:転職活動前に押さえておきたい失敗談

その答えの一つとして挙げておきたいのが医師の転職につきものの失敗体験談、つまりは”医師転職あるある”です。
何故医師の転職に関する失敗談が大切なのかと言いますと、それはひとえに”こういうことをすると上手くいきません”という具体的なケーススタディとして考えられるからです。転職というのはロボットが行うような精密作業とは無縁ですし、実験のように再現性を求めるようなものではありません。

しかし、だからこそ過去の失敗談が大切なのです。
成功する可能性というのはとても広く、とても情報を拾いきれるようなものではありません。
しかし、一方で失敗談に関してはある程度情報をコンパクトにまとめておきやすいのです。
つまり、失敗談に関する情報をまとめれば、やってはいけないミスを犯す可能性がグッと下がるため、必然的に成功する可能性が高くなると考えられるのです。

今回は、以降の記事にて幾つかの医師転職に関するよくある失敗例について挙げていきますが、いずれもよくある失敗談ですので、いざご自身が転職される際には”これだけはやらないように”気を付けて頂ければと思います。

ケース1:転職理由や希望条件を明確にしておくこと

ではまず、よくある失敗の話に移る前にお話しておきたいことがあります。
みなさんは転職活動を行う前に、あらかじめ転職をするキッカケとなった理由や、希望する条件などを明確にされていますでしょうか。

例えば医師転職に関する様々なアンケート結果によれば、多くの医師は職場の人間関係や就労に関する条件面がキッカケとなり、転職を決意されるケースが多いようです。
また、希望条件に関しても、これまでよりもプライベートを重視したい、もっと自分の時間を持てるような場所に、など、みなさん具体的な条件を希望されています。

転職を決意する際、多くの方が”勢いで”転職活動を進めることがあるようですが、転職というのはその後の人生に影響を与える重大なものです。
できるだけ、事前にあなた自身が本当は何を求めているのかを明確にし、人にスラリと伝えられるようにしておくことが肝要です。


【スポンサーリンク】